一度は訪れたい!世界一住みやすい都市「豪・メルボルン」5つの魅力に迫る!

一度は訪れたい!世界一住みやすい都市「豪・メルボルン」5つの魅力に迫る!

オーストラリア第二の都市「メルボルン」をご存知ですか?

オーストラリア大陸最南に位置し、本土で最も小さいビクトリア州にありながら、なんと「世界で最も住みやすい都市」に7年連続で選ばれているのです!

私はオーストラリアに在住経験が2年あるのですが、メルボルンの街の雰囲気が気に入って何度も訪れました。

メルボルンには、市民だけでなく観光客も引き寄せる魅力がたくさんあるんですよ!

そこで、今回はメルボルンの5つの魅力をご紹介します。

 

トラム

メルボルンの象徴として、市民や観光客から親しまれている「トラム(路面電車)」。

街の中では、最新のトラムから歴史のある木造車両まで走り、レトロな雰囲気を添えてくれます。

その風景は、思わず写真を撮りたくなってしまうほど。

 

街の中心を走る「シティーサークルトラム」は、なんと乗車無料!

このシティーサークルトラムは、街の中心のほとんどの観光スポットに停車するため、この無料トラムの利用のみで市内観光を楽しめます。

トラムに乗って街歩きをするだけでも、満足してしまうほどですよ。

 

 

世界各国のグルメ

続いての魅力は、「世界各国のグルメ」。

メルボルンは、世界中の移民が集まる他民族都市のため、オーストラリア随一の食文化を誇ります。

街の中心へ出ると、オーストラリア料理を始め、本格的なフレンチや、イタリアン、ギリシア料理、加えて中華やベトナム料理など目白押し!

もちろん日本食レストランもありますよ!

旅の途中で、日本食や他国の料理が恋しくなったら、メルボルンに立ち寄ってみるのもおすすめです。

歴史的建造物

碁盤の目状になった街の中心では、至るところで「歴史的な建造物」が見られます。

メルボルンは、オーストラリアの中で最もヨーロッパらしさが残る都市なのです。

特に、「セントポールズ大聖堂」を始め、世界一美しいと絶賛される「ビクトリア州立図書館」やオーストラリア最初の鉄道駅「リンダース・ストリート駅」は、街を代表する美しい建造物です。

メルボルンでの街歩きは、まるで19世紀の世界にタイムスリップしたような感覚に陥りますよ。

 

 

カフェ文化

 

 

メルボルンは、オーストラリアの「カフェ文化」の中心地。

レーンウェイという屋根付きの小道アーケードには、レトロな雰囲気のカフェやバーがずらりと立ち並び、まるでヨーロッパの町へやってきたような気分になります。

美味しいコーヒーに加え、見た目も可愛いケーキやパンなどの軽食も用意されているので、カフェ好きにはたまりません!

観光の休憩や朝食に、本格的なコーヒーをおしゃれカフェで楽しんみるのもありですよ◎

ぜひ、レーンウェイでメルボルンのカフェ文化を体感してみて下さいね。

ポップアート

最後にご紹介する魅力は、「ポップアート」。

メルボルンは現代アートとしても人気が高い街なのです。

街の中心にあるホーシャーレーンという石畳の通りへ行くと、壁一面がカラフルなポップアートで埋め尽くされています。

芸術的で斬新なデザインのアートは、どれも完成度が高いものばかりで、その迫力に圧倒されるほどです!

また、観光客にとっては、このポップアートをバッグに写真を撮るのが定番となっていますよ。

ホーシャーレーンは、トラムや鉄道の発着駅となっているフランダースストリート駅やセントポールズ大聖堂から近いので、街歩きの途中にぜひ立ち寄ってみて下さいね。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、世界一住みやすい都市「メルボルン」の5つの魅力についてご紹介しました。

古いものを大切にしながら、新しい文化を取り入れていくメルボルン。

そんなメルボルン流のスタイルが、市民や観光客を惹きつけ、世界一住みやすい都市として選ばれているのではないでしょうか?

あなたもオーストラリアやオセアニア周辺を旅行する際は、ぜひメルボルンを訪れ、その魅力を体感してみて下さいね!