一度は行ってみたい!世界のカウントダウン5選

一度は行ってみたい!世界のカウントダウン5選

クリスマスが終わり、今年もあと残りわずか。


そのような中、年末のカウントダウンやお正月に心をわくわくされている方が多いのではないでしょうか?


年末といえば、日本では紅白歌合戦を見た後神社で除夜の鐘聞いて初詣に出かけたり、花火大会が催されるところも多いです。


一方で、日本ではなく海外で年末年始を過ごすという方が増えていますが、海外のカウントダウン事情はどうなのでしょうか?


そこで今回は、一度は行ってみたい海外のカウントダウンを5つご紹介します。

1、ニューヨーク

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Si planeas pasar fin de año en #NewYork te recomendamos que ya vayas reservando lugar para la cena! 🌟 La mayoría de los restaurantes cuentan con un menú fijo, se llenan de gente y, si queres tener una buena vista, hay algunos de riguroso dress code ! 🎉 No sabes por donde empezar? 👉🏻Nosotros te ayudamos! 📩 info@relier.com 📲 WhatsApp +1 (347) 855 0000 . 🇺🇸 . It’s not too late to plan your celebration in #NewYorkCity 🥳 Make New Year’s Eve restaurant reservations with us!✨ 📩 info@relier.com 📲 WhatsApp +1 (347) 855 0000 . . #countdown #balldrop #fireworks #newyearseve #newyear #timessquare #city #night #party #dinner #reservation #relier #december #ny #nyc #reservas #cena #añonuevo #cenaañonuevo

Relier(@relier)がシェアした投稿 –

海外のカウントダウンと聞いて、最初にニューヨークのカウントダウンを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?


ニューヨークのカウントダウンは、世界的に有名なタイムズスクエアで開催され、世界中から100万人にも及ぶ人々が集まります!


カウントダウン前には、有名歌手のライブや催し物が開催され、新年の幕開けとともにボールドロップと呼ばれる万華鏡のようにカラフルな巨大なボールが落ちる瞬間を待ち望みます。


タイムズスクエアでのカウントダウンを見るための場所取りは早いもの勝ちで、当日会場では長蛇の列がみられます。


早く並び始めればもちろんよりステージに近い良い席をゲットできるのですが、仮設トイレがない中、寒さに耐えながら待ち時間となるため、心の準備が必要ともいえます。


過酷なカウントダウンともいえますが、体力と気力に自信がある方はぜひ挑戦してみて下さい。


煌びやかに輝くネオンに囲まれて、世界中の人々と新年の幕開けをお祝いするニューヨークのカウントダウンは、一生の思い出になること間違いないですよ。

2、ドバイ

高級リゾート地として名高いドバイ。


そんなドバイでは、カウントダウンに向けて街の数か所で花火が打ち上げられるのですが、その中でも絶対に見逃せないのが、世界一高い超高層ビル「ブルジュハリーファ」を中心に打ち上げられる花火。


ブルジュハリーファでは、6分間で50万発という世界最大級の花火大会が開催され、ギネスブックにも認定されているほど。


昨年は、プロジェクションマッピングと花火の融合で会場を沸かせ、とにかくドバイならではの豪華なカウントダウン!


また、花火やプロジェクションマッピングだけだはなく、ビル群を中心とした華やかなイルミネーションも見逃せません。


補足ですが、ドバイでは宗教上の理由から公共の場でお酒を飲むことは禁止されているので、日本と同じ感覚で飲酒しないように気を付けて下さいね。

3、香港

ビル群の夜景で有名な香港でも、盛大にカウントダウンのイベントが毎年催されています。


香港のカウントダウンイベントは、100万ドルの夜景で知られるビクトリアハーバーで花火と音楽のショーが催されます。


花火と音楽はもちろんのこと、ビル群の夜景と花火のコラボレーションは見ごたえ抜群で、一度はその場で見てみたいもの。


香港は、日本からもアクセスが良く気軽に行けるので、いつもとは違ったカウントダウンを楽しみたいという方にはぴったりですよ。

 

4、シドニー

南半球最大規模のカウントダウンといえば、シドニーの花火大会!


シドニーの代名詞ともいえるハーバードブリッジやオペラハウスを前に、約10分間盛大に花火が打ち上げられます。


筆者も数年前に、シドニーのカウントダウンに参加しましたが、ワーホリや留学生など日本人も多く参加しており、とにかく多国籍!


また、場所取りのため、朝から長蛇の列ができ、早く会場入りして場所をとったら、カウントダウンまでひたすら待ち続けるので、暇つぶしに映画の入ったタブレットやトランプなどを持参するといいですよ。


日本とは違って真夏のシドニーで、カウントダウンを楽しんでみてはいかがでしょうか?

5、プーケット

タイの人気ビーチリゾート地プーケットでは、一風変わったカウントダウンを体験できます。


プーケットのパトンビーチではコムローイというランタンが放たれると共に、四方八方から盛大に花火が打ち上げられ会場を沸かせます。


ランタンは現地で販売されているので、個人で購入して打ち上げることができます。


幻想的なランタンと華やかな花火のコラボレーションを楽しめるのは、プーケットのパトンビーチのみですよ!


新しい年に向けての希望と願いを込めて、プーケットからコムローイの打ち上げに参加してはいかがでしょうか?


忘れられないカウントダウンの思い出となること間違いなしですよ。

6、最後に

いかがでしたでしょうか?


今回は、一度は行ってみてみたい海外のカウントダウンを5つご紹介しました。


年越しは毎年日本でという方が多いと思いますが、一生に一度は海外でのカウントダウンを体験してみてはいかがでしょうか?


忘れられない旅の思い出となること間違いないですよ!