『日本の味を持って行こう!海外旅行に持っていくと便利な日本の食べ物8選』

『日本の味を持って行こう!海外旅行に持っていくと便利な日本の食べ物8選』

海外旅行をしていると、不思議と日本の味がほしくなるものです。

そんな時におすすめなのが、軽くて持ち運びに適した日本の食べ物。
なかには、体調がすぐれない時にも、便利な食品があります。

この記事では、海外旅行に持っていくと便利な日本の食べ物8選をご紹介します!

海外旅行に持っていくと便利な日本の食べ物

① パウダータイプのポカリスウェット

ポカリスウェットの使い道は、単に水分補給だけではありません。

ポカリスウェットは、実は、お医者さんもすすめるドリンクなのです。
筆者も以前ノロウイルスに感染したときに、ポカリスウェットで乗り切りました。

ポカリスウェットは、病気にかかって何を食べても吐いてしまう、という時の水分補給に適しています。

パウダータイプであれば、特に重さが気になることもなにので、海外旅行に持って行くと便利ですよ。

② フリーズドライのお雑炊

海外旅行中は、病気にかかったり、お腹の調子が悪くなったりすることもあります。

そんな時に便利な食べ物が、「お雑炊」です。

柔らかいので、胃に優しく、必要最低限の炭水化物やたんぱく質を摂取できます。
フリーズドライのタイプなら、スーツケースの重量にもほとんど影響しません。

お雑炊は、海外旅行にぜひおすすめの食べ物です。

③ アルファ米

海外旅行は、期間が長くなればなるほど、日本の味が恋しくなってくるものです。

日本人なら、ふっくらとした食感で香りの高いごはんが食べたくなる人も多いようです。

そんな時におすすめの食べ物が、アルファ米

お水かお湯を注ぐだけで、すぐに食べられるので、とても便利です。
アルファ米は、水分が抜かれた状態のお米なので、重さも気になりません。

海外旅行に行く際には、アルファ米がぜひおすすめです。

この投稿をInstagramで見る

お湯または水を注いでできあがり😊 尾西(オニシ)のフリーズドライ(アルファ米) 登山、ハイキングでの携帯食の定番です。 思った以上の味で長年愛されています😊 食事にかかる荷物の重量の軽減も魅力の一つです✌️ 5年間の常温での保存が可能なため非常用保存食としての需要も増えています。 ハイキング、テント泊、小屋泊まりのみなさんどうぞ😆 #アウトドアショップ #cattle_call #キャトルコール #登山 #キャンプ #ハイキング #トレッキング #釣り #ツーリング #外遊び #アウトドア #ライフスタイル #テント泊 #テン泊 #小屋泊まり #山 #川 #camping #hiking #climbing #outdoor #outdoorshop #nature #living #尾西 #アルファ米 #japan #関市 #岐阜

アウトドアショップ CATTLE CALLさん(@cattle_call)がシェアした投稿 –

④ ふりかけ/お茶漬け

海外旅行で日本のご飯が食べたくなる人は少なくありません。

その理由として、
・こってりとした料理に飽きてしまった
・パン食に飽きてしまった
・海外のお米は美味しくない

と感じる人が多いようです。

しかし、ご飯をそのまま食べる人はあまりいないですね。
ご飯のおともといえば、ふりかけやお茶漬けです。

どちらも、ドライタイプの食べ物なので、重さはほとんどありません。

海外旅行で食事が心配と感じる方は、ぜひふりかけを持参してはいかがでしょうか?

⑤ ドライ梅干

海外旅行中に、ほんの少し塩分が必要になる時があります。

例えば、
・飛行機の中、食事と食事のあいだにお腹が空いたとき
・炎天下の中、観光地をまわる時

こんな場合におすすめの食べ物が、ドライ梅干し
梅干しは、塩分をたくさん含んでいるため、塩分補給には最適です。

梅干しは、塩分をたくさん含んでいるため、塩分補給には最適です。

また、食欲を増進させる効果もあるので、体調が悪いときなどにも適している食べ物です。

ドライタイプの梅干しであれば、重さも気にならないので、海外旅行にはぜひおすすめですよ。

この投稿をInstagramで見る

#海外旅行のお供

鎌田雅人さん(@kamatamasato)がシェアした投稿 –

⑥ 栄養素がチャージできるバー

海外旅行中は、小腹が空いても、日本のようにコンビニが半径100メートル以内にあるわけではありません。

そんな時、しっかりと栄養をチャージするためには、バータイプのスナックを持参するのをおすすめします。

特に、「SOY JOY」は、おすすめ。グルテンフリーで低糖質のため、ダイエット中でも、さまざま栄養を手軽にスナック感覚で摂取できます。

筆者も、パリ旅行の際に、同じような問題に遭遇しましたが、SOY JOYが大活躍してくれました。ぜひおすすめですよ。

⑦ おせんべい

海外旅行をしていると、おしょう油など、日本の味が恋しくなることもしばしば。

ニューヨークなどは、日本食を売っているスーパーやコンビニが数店舗あります。
しかし、どこの国でも日本食が手に入る、というわけではありません。

しかし、どこの国でも日本食が手に入る、というわけではありません。

おせんべいなどは、軽いので2~3袋程持って行っても良いと思いますよ。

⑧ ドライタイプのインスタント味噌汁

上記と同じような理由で、日本食が恋しくなったときに、おすすめの食べ物が「味噌汁」です。

「味噌汁」だけは、どこの国で食べても、日本を思い出すことができます。

さらに、味噌汁には、酵素がたっぷり含まれているので、旅行中の偏った食事で栄養素が不足している人にもおすすめです。

割り箸など

食べ物ではありませんが、使い捨てできる割り箸やお皿も、持って行くと便利なアイテムです。

ホテルなどで、夕食後に味噌汁やご飯を食べたくなることがあります。
また、疲れている時は、レストランでのランチやディナーをスキップしてしまうことも。

そんな時は、少し寝て体を休めてから、お雑炊など体にやさしい食べ物がほしくなるものです。

使い捨てできる割り箸やお皿は、そんな時に役立ちます。

海外旅行に行く際には、日本の味を持っていこう!

今回は、海外旅行に持っていくと便利な日本の食べ物をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
中長期の旅ともなると、食生活のバランスを取るのが、結構大変です。

ぜひ、軽くて便利な日本の食べ物を持参してはいかがでしょうか?