【旅の資金調達】クラウドファンディングで成功した事例を紹介!

【旅の資金調達】クラウドファンディングで成功した事例を紹介!

世界一周や日本一周を達成するために、クラウドファンディングを利用する人が増えています。

クラウドファンディングというと、「寄付型」が一般的なイメージですが、実は、「購入型」の方が多いことを知っていましたか?

この記事では旅の資金を調達するのに、クラウドファンディングで募集して成功した事例をご紹介します!

旅の資金を調達するのに向いているクラウドファンディングは?

 

国内のクラウドファンディングはいくつか存在しますが、そのなかでも、旅の資金を調達するのに向いているクラウドファンディングをご紹介します。

・CAMPFIRE(キャンプファイアー)
CAMPFIREは、国内で一番大きいクラウドファンディングです。
2011年に設立され、成立件数では国内最大を誇っています。

プロジェクトを成功したお礼に、商品やサービスを提供する「購入型」の成立件数でも、国内NO.1のクラウドファンディングです。

・Readyfor(レディフォー)
Readyforは、CAMPFIREと同じく2011年に設立された国内初のクラウドファンディングです。

2018年の時点では、資金調達成功率が75%と、業界平均をはるかにしのぐ勢いで成長しているのも、見逃せません。
全体的には、金銭的なリターンがない「寄付型」のプロジェクトも多く見受けられます。

代表の米良はるかさんは、2019年の第5回 日本ベンチャー大賞で「経済産業大臣賞(女性起業家賞)」を受賞しました。

どちらのクラウドファンディングも、現在多くの旅人がプロジェクトを成功させており、今後ますます注目度が高まっていくことが予想されます。

旅の資金調達にクラウドファンディングで成功した事例

以下の項目では、実際にクラウドファンディングで、旅の資金調達に成功した例を詳しく掘り下げてご紹介します。

・『自然を知らない子ども達に、アラスカの大自然を贈るプロジェクト!』
参考URL:https://camp-fire.jp/projects/view/169033
支援総額: 666,500円(執筆時点で、終了まであと9日)
達成率:103%

日本全国を旅してきたシンガーソングライターの山田証さんが、提案するプロジェクトです。
山田さんは、普段自然と触れ合う機会の少ない、都市部や病院生活のこどもたちにアラスカの音楽と旅を体験してほしい、とこのプロジェクトを立ち上げました。

プロジェクトを支援してくれたお礼には、

・アラスカを旅して撮影した雄大な自然のVR動画や
・森の音/音楽などを体験できる音源

などをプレゼントする予定です。

山田さんは、アラスカの自然が今、開発の危機にあることを知りました。
石油などの資源開発のために失われつつあるアラスカの大自然を、なくなる前に少しでも多くの人に知ってもらいたい、そんな気持ちが伝わってきます。

・『キックボードで日本を縦断する旅を完走するための資金援助をお願いしたい!』

参考URL:https://camp-fire.jp/projects/view/187522
支援総額: 639,000円(執筆時点で、終了まで58日)
達成率:127%

こちらは、シンガーソングライターのRakeさん(サムライジャパンプロジェクト)が、日本全国を自走式キックボードのみで旅をする、というプロジェクトです。

その距離は、なんと北海道から沖縄まで約8000km!
しかも、全身サムライの格好で野宿の旅をします。本気度が高いうえに、ユーモア感抜群のプロジェクトですね。

お礼として、完走後には『日本百景フォトブック』を支援者にプレゼントする予定。

Rakeさんは、震災後に、ヨコハマタイヤ“BluEarth”CMソングで、映画『がんばっぺ フラガール!~フクシマに生きる。
彼女たちのいま~』の主題歌を歌って250万ダウンロードを記録する大ヒット曲を出しました。

世界に向けて新しい日本を発信したい!そんな気持ちが伝わってくるプロジェクトです。

・『あと4カ国!世界の絶景を、最高の一瞬を写真集に収めたい!』
参考URL:https://readyfor.jp/projects/kyonj
支援総額: 4,075,000円
達成率:107%

このプロジェクトは、写真家のKyon.Jさんが成功させたプロジェクトです。Kyon.Jは、日本で営業職の仕事をしながら世界を旅し写真を撮っています。

ミラーレス一眼で撮影した世界中の写真を1冊の写真集におさめるためには、あと4カ国旅しないといけない。
そこで、Kyon.Jさんは、クラウドファンディングの購入型のプロジェクトを開始し、成功をおさめました。

支援してくれた方へのお礼として、

・ポストカード
・トークショーへの招待券
・サイン入り写真集

などを提供しています。これらは、支援額によって返礼品が変わります。

この方の凄いところは、クラウドファンディング上に新着情報をたくさん更新していることです。
プロジェクトが成功するまでの間に、ブログ記事のように、その時自分が感じていること、感謝の気持ちなどを、素直につたえています。

もちろん、写真が素晴らしい、ということもありますが、たくさん綴られた記事から、Kyon.Jさん人柄の良さが伝わってくるからこそ、人は支援したくなったのかも知れませんね。

・『誰でも体験できる世界一周「LOOK」-スライドショーで世界を一つに繋ごうプロジェクト』

参考URL: https://camp-fire.jp/projects/view/196
支援総額: 1,372,000円
達成率:343%

このプロジェクトは、当時、車で世界一周の旅を計画していたKiichiro Hayashiさんが、成功させたプロジェクトです。

日本にいても、誰でも世界一周したような気分になれよう、撮影した写真で高速スライドショーをつくり、世界をひとつに繋ごう!というテーマです。

このスライドショーは、頻繁にHPで更新され、日本でそれを見た人が現地で合流したくなったら、一緒に現地を周れるという画期的なプロジェクトでした。

お礼として、

・画像
・旅に合流する

など、支援金の額に応じた返礼品が用意されました。

世界一周の旅をしたい!という人には、とても参考になるプロジェクトですね。

クラウドファンディングを活用して、旅の資金を集めよう!

この記事では、今までにクラウドファンディングを利用して、旅資金の調達に成功した例をご紹介しました。

クラウドファンディングを利用した資金調達方法には、批判もつきものですが、それをしのぐ数の支援者がいるということも忘れないでください。

1度きりの人生ですから、人に迷惑をかけることでなければ、ぜひ自分のやりたいように旅を楽しみましょう!