アメリカ観光に必要なESTA申請は自分でやるべき?代行してもらうべき?それぞれの注意点は?

アメリカ観光に必要なESTA申請は自分でやるべき?代行してもらうべき?それぞれの注意点は?

アメリカへの観光や短期の仕事での入国の際、ビザを免除するために2009年から義務化されたビザ免除プログラムの「ESTA(エスタ)」。

アメリカ本土やハワイなど旅行に行く際には必ず必要な手続きになり、

申請を忘れてしまうと「飛行機に乗れない」、アメリカに着いたのに「強制送還されてしまう」というトラブルに巻き込まれてしまいます。

ESTA申請自体はそこまで難しいことはなく自分一人での申請も可能です。

しかし、初めてのアメリカ旅行は不安なことも多くESTAの申請も上手くできるか心配…。

そこでトラブルなく渡米出来るサポートをしてくれるのが「ESTA申請代行会社」の存在。

今回はESTAの申請を「自分で行う」か「代行会社で行う」か、

両者のメリット・デメリットを比較しながら解説していきたいと思いますのでぜひ参考にしてみて下さい。

 

ESTAとは?

ESTA(エスタ)とはアメリカの電子渡航認証システムのこと。

入国カードと同じような働きをし、渡航者の中に危険人物が含まれていないかどうか判断するためのシステムになります。

アメリカ観光のビザ取得の代わりにこのESTAをとることで、90日以内の滞在であればビザ無しでアメリカに滞在することが出来ます。

 

自分で申請する

ESTAは誰でもパソコンとクレジットカードがあればオンライン上で申請することができます。

アメリカに旅行に行く際、代行会社に頼まずに自分で申請したという方も多くおり

一度その方法を理解してしまえば申請自体は簡単に行うことが出来ます。

メリット

パソコンがあればその場で数十分程で申請することができ、代行会社に頼む費用を抑えることが出来ます。

自分で行えば、代行会社に出向いたり電話したりすることにかかる時間を短縮し申請を完了させることが出来ます。

デメリット

個人での申請ではリサーチ不足のために申請の最中に不備があり、承認されなかったなどのトラブルがあることがあります。

ESTAは一度失敗してしまうと、再申請を行うために24時間の時間を空けないといけない決まりがあるため

個人申請にはこのリスクが高くなるので慎重に申請を行う必要があります。

 

自分で申請するときの注意点!ココに気をつけて!

ESTA申請を自分で行った場合に一番多いトラブルが「認証拒否」になります。

最近はスマートフォンの普及もあり手軽にスマホからESTA申請を行う人が増えました。

しかしその手軽さゆえに注意が行き渡らず入力でミスをしてしまい認証拒否になってしまうことも…。

旅行までに申請が間に合わなかったなんてことにならないように注意しましょう。

 

申請代行会社に頼む

ESTAの申請代行会社は、大手の旅行会社や個人経営の会社まで様々です。

この申請代行会社は一人では不安なESTAの申請を代行してくれ、その他にも手厚いサポートで安心して渡米することが出来る強い味方になってくれます。

初めてのアメリカ旅行や旅になれていない、英語が苦手という方におススメな方法です。

メリット

ESTA申請は特に日本人に馴染みのない手続きであり、その内容も英語での記入になります。

住所の記載の仕方など日本と英語では異なる部分や特に質問事項の入力は細心の注意が必要です。

また仕事や渡米準備で忙しくなかなかESTAを申請する時間がとれない…。

ESTAについての知識がなくいちいち調べながら申請するのは面倒くさい…。

という方は、申請代行会社に必要な情報を伝えるだけで全て代行会社が申請を進めてくれます。

忙しい時間にも手間がかからず安全にESTAの取得が可能になります。

デメリット

ESTAの申請を代行会社に頼む際には取得にかかる14USDの他に代行手数料がかかります。

だいたい1件あたり5000円~などと決して安い値段ではないことがデメリットになります。

また、信頼のある代行会社を選ばないとサービスが悪いや、対応が遅いなどのトラブルもあり逆に損してしまった…

なんてことも。

 

代行会社を利用するときの注意点!

現在、ESTA申請代行会社は数多くあり、会社選びの際にはどこに頼んだらいいのか迷ってしまうもの…。

代行会社によっては、クレジットカードしか使えないところやオンラインのみでの対応などもあります。

申請代行を頼む意味がない所や詐欺会社なども存在するため、代行サイト選びは慎重に注意しながら行いましょう。

代行会社を選ぶ際のポイントとしては、

・料金

・支払い方法

・申請以外のサービスの内容

・日本国内の会社であるか

・対応の仕方や速さ

・ESTA申請にかかる日数 などを基準に選ぶと良いでしょう。

旅行会社でツアーを申し込んだ時にESTA申請も行ってくれる場合があるので相談してみるのもいいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アメリカ渡航に必要なESTAの取得。

旅や英語に慣れている人であれば費用を最小に抑えることができ、面倒なやり取りもなく短時間で申請することが出来ます。

ただ、旅になれていない人で英語はさっぱりという方であれば代行会社に頼むのが間違いないと思います。

一度取得すれば2年は有効なので自分に合った方法で取得して安心してアメリカ旅行を楽しみましょう。