女子必見!ヨーロッパ旅行で絶対に食べたいローカルスイーツ5選

女子必見!ヨーロッパ旅行で絶対に食べたいローカルスイーツ5選

女子旅の楽しみのひとつといえば「スイーツ」。

豊富な食文化を誇るヨーロッパでは、観光がてらにふらりと食べられるようなお手軽スイーツが目白押し。

ただ美味しいだけではなく、食感や香りを楽しめたり、思わず写真に収めたくなるようなインスタ映え抜群のスイーツもたくさんありますよ!

そこで、今回はヨーロッパに来たら絶対に食べたいローカルスイーツ5選をご紹介します。

Baba(ババ)/イタリア

 

Suggerimento…affrettarsi prima che finiscano #baba #goodvibes #sweet

A post shared by BettoMilano (@bettomilano) on

 

ヨーロッパ随一の美食の国イタリア。

イタリアのスイーツといえば、ジェラートやティラミスが定番ですが、こちらではちょっとコアなナポリの名物スイーツ「Baba (ババ)」をご紹介します。

Babaとは、キノコ型をしたふわふわのスポンジケーキに、ラム酒がたっぷり染み込んだ香り豊かな大人のスイーツ。

シンプルにそのまま食べても美味しいですが、生クリームやフルーツがトッピングされているものもあります。

砂糖漬けしたように甘みが強いのに、ラム酒が効いているため意外とさっぱり食べられてしまう驚きの味。

一度口にすれば、あなたもその美味しさに夢中になるはずです!

ナポリに行くと必ず街の中で目にします。

ショーケースに入ったBabaを見つけたら、その珍しい見た目から、思わず口にしたくなりますよ。

 

 

 

Poffertjes(ポッフェルチェ)/ オランダ

#poffertjes #hmmm #eccoleather #hotshop11 #hotshop

A post shared by Idil Girard (@idiylle) on

 

オランダに来たら、ちょっと小腹が空いた時に食べたいのが「Poffertjes (ポッフェルチェ)」。

Poffertjesとは、たこ焼きのように丸い形をしたプチパンケーキのことで、地元国民も愛するオランダ伝統のスイーツです。

粉砂糖がたっぷり降りかけられ、添えられたバターと一緒に食べるのが定番ですが、お好みでジャムやチョコレート、フルーツソースなどをトッピングできますよ。

Poffertjesには、一般的なパンケーキとは異なりそば粉が使われているため、もちもちした軽い食感を楽しめます。

オランダ国内のパンケーキレストランや街の屋台で売られていますよ。

他のパンケーキでは味わえない独特の食感とほんのりした甘さに、あなたもPoffertjesの虜になること間違いないでしょう。

 

Stollen(シュトレン)/ドイツ

クリスマスを代表するドイツの名物スイーツ「Stollen(シュトレン)」。

Stollenは、洋酒に漬け込んだドライフルーツやナッツを混ぜて焼いたケーキで、表面にはまるで雪のように粉砂糖が振りかかっています。

バターケーキのような味で、固くどっしりしているのが特徴です。

クリスマスの1か月前くらいになると、ベーカリーやスーパー、そしてクリスマスマーケットに登場しますよ!

ドイツでは、クリスマスの4週間前から、少しずつスライスして食べるのが伝統。

フルーツの風味などが日ごとにパンへ移っていくため、味の変化を楽しめます。

最後の一切れはクリスマスに戴くという遊び心溢れたケーキなのです♪

クリスマスマーケットでは、既にスライスされたものも売られているので、この時期にドイツを訪れる方は、ぜひ試してみてくださいね。

 

 Waffle(ワッフル)/ ベルギー

美食の国として名高いベルギーのスイーツといえば、世界的に人気の「Waffle(ワッフル)」。

 

日本国内にも、近年Waffle屋さんが急増していますが、ベルギーに来たらやはり本場の味を試してみたいところです。

ベルギーのワッフルには、ふわふわした軽い食感が特徴の「Brussels Waffle (ブリュッセルワッフル)」と、

ずっしりした生地にカリっとした食感を楽しめる「Liège Waffle (リエージュワッフル)」の2種類があります。

名前の通り、Brussels Waffleは首都ブリュッセルで発祥、Liège Waffleはベルギー南東部の都市リエージュが起源と言われていますが、基本的にベルギーの至るところでどちらのワッフルも食べられます。

カフェやレストラン、屋台など街のあらゆる場所で売られており、生クリームやアイスクリーム、チョコレートなどあなたの好みに合わせてWaffleをカスタマイズできます。

 

トッピングを加えれば、見た目がさらに豪華になり、インスタ映えも期待できますよ◎

 

 

 

Pastel de Nata (パステル・デ・ナタ)/ポルトガル

 

 

ポルトガルを代表するスイーツ「Pastel de Nata (パステル・デ・ナタ)」。

Pastel de Nataとは、近年日本でも人気の高いエッグタルトのことです。

一口サイズで手軽に食べられるスイーツとして、ポルトガルでは国民的お菓子として親しまれています。

ポルトガルのどこへ行っても食べられるポピュラーなスイーツですが、リスボンなどの大都市にある老舗店へ行くと、行列ができていることもありますよ。

お店に入ったら、一人で2、3個食べるのがポルトガル流。

本場のエッグタルトはサクッサクッで、とろけるような程よい甘さのクリームが絶妙!

日本に持ち帰りたいと思うほど美味しいですよ。

ポルトガルを訪れるのであれば、ぜひ本場の味を試してみて下さいね!

 

まとめ

今回は、ヨーロッパ旅行で絶対に食べたいローカルスイーツ5選をご紹介しました。

ご紹介したスイーツの中には、日本で食べられるものもありますが、せっかくヨーロッパへ来たのであれば、やはり出来立ての本場の味を試してみたいところです。

ローカルスイーツは味をただ堪能するだけではなく、珍しい形をしたものや見た目が可愛いものが多いので、写真に収めてSNSで情報をシェアしたりと楽しみが2倍です!